ホーム 観光案内のページ  春から秋の宿泊案内 戻る
川遊び のぼりかわ新潟県南魚沼市上田地区
 
長大橋付近  登川と登川河川公園
登り川はまだ清流
登川
群馬県境を分水嶺とし、三国山脈、巻機連峰を水源域として急な傾斜の扇状地を形成している登川
国道291号に沿って流れる。
滝谷橋と長大橋のそばには川に降りやすいよう階段があります。
長大場所付近は水遊びや道具/材料持ちこみのバーベキューをやっている人が多くなっています。
滝谷橋付近では洪水で落差工の先が掘れ天然のプール状態で子供たちが川遊びや泳いでいます。
登川河川公園などで最近キャンプも増えています。(料金はなし)
 
          登川河川公園↑                川に降りる階段がある場所↑
アクセス 関越道塩沢石打下車直後の信号左折して、
      舞子後楽園スキー場maikoゲレンデの方向へ進む。
      約3.5km右に「登川河川公園」の小さな立て看板。右折。
      これを見逃しても約4Km道なりに進み 「大木六」の信号右折折。
      直進して、田んぼ中に大き目の倉庫(カントリーエレベーター)
      がありそれを過ぎると 左側に川があります。
      ←カントリーエレベーター

 
注意1.自然の川です。いろいろ危険があります。 
     上流の山の水源に大きな夕立があると当然増水の危険があります。
     上流の天候にご注意下さい。
      
     

   2. 護岸が高く川床まで落下しますと危険です。↑(階段のない場所)
   3. 芝の上に車を乗り入れないで下さい。芝の上で焚き火をしないで下さい。
   4. この流域は農村地域で観光地域ではありません。ゴミはもちかえりください。

   


滝谷橋付近

滝谷橋付近

上の左右の写真は同じ場所です。

ちょっと激しい夕立の後の川です。


戻る